読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎふかいろ

岐阜生活まんきつ中

ふるさと納税。一番簡単正確にできる限度額の調べ方

我が家 雑記

気になりながらもなかなか腰が重くてやらなかったふるさと納税申し込みしてみました。

 

面倒くさい理由の一つに、いったい幾ら申し込みすればお得なのかわからない。があります。

 

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について

自分で計算面倒くさい・・・・

計算するサイトがあるのは知ってます。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

でも、ホントに当たっているのかなあ・・・・

 

 

そんな私ですが一番の解決法を知ったので、今回ふるさと納税しました。

 

解決法とは、、、、

 

住んでいる場所の役所に問い合わせる

 

これがベストです!

用意するものは、一番新しい(今でしたら平成28年度) 給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書を手元に用意しておくといいです。

(6月ごろに給料明細と一緒にもらうやつです)

源泉通知書だと正確に判断できないと言われました。

 

私は源泉通知書しか手元になかったので、折り返し電話をもらう状態に!

そして大体の目安ですが○○円ですと教えていただきました。

我が家では住宅ローン控除、私が配偶者控除を毎年抜けたり入ったりしているため簡単なシミュレーションでは判断できない状態でした。

ちなみに住宅ローン減税している方は入居時期でも金額が違うのでホントにホントに注意です!

 

電話をするときはビクビクしましたが、職員さんは親切に対応してくれました。

 

ふるさと納税の申し込みは楽天で。いつも利用しているので新しい登録をしなくてすむのがポイント高かったです。

今はスーパーセールしているのでちょうどいいかな?

event.rakuten.co.jp

 

旦那は確定申告しなくてすむワンストップ特例すら面倒くさいっていっていたので、そんな人には向いていないですが、私はお得になるならそれぐらい平気なのでやってみました。

 

もしふるさと納税を考えていて、幾ら申し込みすればいいかわからない??でストップしている方。思い切って役所に電話してみてくださいね。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

愛岐トンネル群の特別公開へ行ってきた

おでかけ

愛岐トンネル群の特別公開。

sakak.hatenablog.com

ケイスケid:keisuke9498さんのブログで見て気になっていました。

たった9日間のみ、かつ雨天中止、見学するにはハードル高いな。と思っていたけど、たまたま仕事休み!かつ晴天!

よし!いくぞー!

f:id:sandonigifu:20161202143129j:image

平日の金曜日ですが、沢山の人が定光寺駅で降ります。御年配の方が多い。

中央線名古屋からきて定光寺駅あたりでいきなり田舎にかわるのが面白い。その後、岐阜にはいってちょっとだけ町になる。

f:id:sandonigifu:20161202143335j:image

この緑の扉が入り口。協賛金100円。

f:id:sandonigifu:20161202153253j:image

残念ですが、紅葉は終わりかけ。紅葉狩りスポットとしては穴場なのでオススメ。

f:id:sandonigifu:20161202153312j:image

レンガでできたトンネルが4本も待ってます!なんと、1900年に開通、1966年に廃線。その後40年間も藪の中に放置されていた物を整備して見学できるようにされたそう。

f:id:sandonigifu:20161202143656j:imagef:id:sandonigifu:20161202143736j:image

f:id:sandonigifu:20161202143800j:image

そこかしこに、手作りのベンチ、木でできた動物、手作りの水車、木琴、音楽イベント。保存会のみなさんが愛岐トンネル群を大切に思うパワーや、おもてなし精神が伝わってきて気持ちいい。

f:id:sandonigifu:20161202152704j:image

そして、岐阜県多治見市にある全長600メートルのまぼろしのトンネルを開拓することに対する執念が!

f:id:sandonigifu:20161202152915j:image

おーい、岐阜県さん、早く通して下さい!!

f:id:sandonigifu:20161202152936j:image

多治見市から発掘の許可がでないみたいです。すでに4つのトンネルを開拓して管理してるのに、まだ開拓しようとするなんて!すごい!

いつの日か県境を越えた活動を!

古渓山駅まで旧国鉄の線路を繋ぐ。できたら自然歩道のようなハイキングコースになりそうです。

 

行ってみたい方。

懐中電灯、リュック、スニーカーなどハイキングができるスタイルで。

トンネル内部はほぼ真っ暗、地面はバラストだらけなので足場が悪いです。

杖の貸し出しがありますし、足場は悪いけど平坦な道なので体力がなくても大丈夫です。

保存再生委員会の方が電球をつけてくださってますが、真っ暗なので懐中電灯があったほうが安全に歩くことができます。

 秋の公開はもう終了ですが、H29年 春の特別公開が5/3から7まで、秋の特別公開が11/25から12/3まで。

廃線や廃トンネルが楽しめるチャンスです!

愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

 

旦那 SKE48愛

子どもなし夫婦 我が家

うちの旦那はSKE48の大ファンだ!

法被もTシャツも着ないしグッズもスティクライトのみだけど、メンバーの名前は全部覚えてる。60人近くいる10代から20代の女の子の顔と名前を一致させてるなんて、人の顔と名前を覚えるのが壊滅的に苦手な私としては尊敬に値する。

 

 

 

彼は一人でコンサートに行けない。

一人でSKEカフェにも、聖地巡礼時のサインの写真を撮ることもできない。

 

sandonigifu.hatenablog.com

ファンの仲間とキャッキャすることなんて絶対できない。

(明らかに旦那と同世代の男性ばかりなのに!!)

私にひたすらSKEに対する熱い想いを語るだけだ。

 

一緒にコンサートへ行こう!と誘う訳でもなく、私もSKEのファンのように普通に2人分のチケットをとる。

 

テレビ番組でSKE48QRコードが発表され画像がゲットできるイベントがあったが、結局1人で出来ず私の携帯でゲット、旦那に画像送信した。

 

SKEの雑誌が発売されたが、本屋で見つからない(>_<)ずーっと1人でウロウロ。時間の無駄なので、結局私が店員に在庫確認をする。

受付にいると、スーッと近づいてきて、

あれ?聞いてくれたの?今聞こうと思ってたんだ!!

と言いやがる。

モタモタするのが嫌いでセッカチな私の性格を活かした行動。

そして、自分のお小遣いからではなく、カードで家計から買いやがった!!

 

 

BUBKA2017年1月号増刊 100%SKE48 Vol.2

BUBKA2017年1月号増刊 100%SKE48 Vol.2

 

 

こんな彼ですが、ブロガー仲間からは好印象。

 

ヘタレなのに

 

ヘタレなのに

 

ヘタレなのに

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

 

 

岐阜 多治見モザイクタイルミュージアム

岐阜のおでかけ

モザイクタイルに興味がでたのは、銭湯に行くようになったから、

 さらさ西陣の見事なタイル。

 

sandonigifu.hatenadiary.jp

 この本を読んで、ますますモザイクタイルの虜に!!

 

にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇

にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇

 

 

多治見にモザイクタイルミュージアムが出来たと聞いていってみました!

 f:id:sandonigifu:20161128065455j:image

なんとも特徴的な建物。

藤森輝信氏のデザイン。陶土の原料山をイメージ。

 

キャベツくんのにちようび (えほんのもり)

キャベツくんのにちようび (えほんのもり)

 

 

f:id:sandonigifu:20161128065534j:image

小さな入り口。大人はすこしかがんではいります。

f:id:sandonigifu:20161128065614j:image

登り窯をイメージされてる。階段で4階からどうぞ!と受付で言われますが、エレベーターあります。お年寄りの方はぜひ。

f:id:sandonigifu:20161128065836j:image

東郷青児風?マリーローランサン風?

美女がお出迎え!

 

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)

東郷青児 (らんぷの本) (らんぷの本)

 

 

 

 

f:id:sandonigifu:20161128065934j:image

モザイクタイルの網!蜘蛛の巣?のオブジェ。天井に穴が開いていて雨だったから水滴がタイルについてる。

屋根の色と空の色が同じで穴が開いてるって気づかなかった!

光が射すとキラキラしてきれいですよ!と教えてもらいましたがあいにくの雨。

今の季節は寒いので、コート必須!

f:id:sandonigifu:20161128070345j:image

隠れモザイク。松竹梅とタケノコ、金魚、世界最小のモザイクタイル。

f:id:sandonigifu:20161128070700j:image

モザイクタイルの全てが!可愛い!!

f:id:sandonigifu:20161128070848j:image

女子達が詰め放題に群がって!コースターとか作れます。500円でフォトフレームとか作る講座が開催されてました。

入館料300円。

 f:id:sandonigifu:20161128071116j:image

f:id:sandonigifu:20161128071129j:image

ゴミ捨て場もカラフル!楽しくなる!町のなかにもモザイクタイルのポイントが沢山あるみたいなのだけど、雨なので散策せず。

その後、廃墟カフェへ。

f:id:sandonigifu:20161128071220j:image

傘が出てたら営業中。

f:id:sandonigifu:20161129060345j:image

どう見ても廃工場。古道具とカフェで、川がそばにあって眺め最高!

一階が古道具、二階がカフェ、かなり入り辛い店内です。入ってしまえば古道具でおしゃれにコーデされた落ち着く空間。

中国茶と紅茶がメイン。

夫婦で飲茶セットを。

猪肉の肉まん、野菜まん。中国茶、杏仁茶で850円。

杏仁茶が杏仁豆腐のお茶^ ^で甘くて美味しい!

店内撮影禁止なので写真なしm(_ _)m

すごくオシャレな店内!!ストーブもあって暖かいし。

f:id:sandonigifu:20161128071703j:image

夜のほうが見つけやすい?!お店の方は親切で気さくな感じです。車は県内ナンバーがたくさん止まってました。みんなどうやってみつけるんだろう??

 

 

 多治見は全国的に有名なギャルリももぐさもあるし、かくれカフェが多そうなイメージ。

lotusflower.dee.cc

ギャルリももぐさ

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

 

 

良い夫婦の日に夫婦オフ会 ②

次の日はモーニングへ!

私、岐阜に来てくれたブロガー誰1人同じ喫茶店のモーニングに連れて行ってない!!

岐阜の喫茶店の数が多いことが良く分かる。地元の友達ともどこにする??っていつも悩むもんね。

f:id:sandonigifu:20161125060915j:image

今回はネタになると思ってメロンジュースにしました。600円。東京だったら倍の値段とるよね。パンと果物ついてこないだろうし^_^

普通にコーヒーなら400円でモーニング食べれます。

果実香(カミカ)-各務原市/カフェ-レッツぎふグルメ

f:id:sandonigifu:20161125061145j:image

ミキコさん希望のお菓子の城。あの、愛知県犬山市にあります。

 

 

sandonigifu.hatenadiary.jp

 

B級の聖地になってそうだな。と思って今までスルーしてましたが、

f:id:sandonigifu:20161125061310j:image

コスプレ女子の聖地になってました。

運営の竹田製菓は昔、ガッツリマンデーというテレビ番組で株の運営でガッツリ!と本業のお菓子より別で儲けてる印象。

あと、小学生の時にクッキー作り体験して、駅でクッキー落として割って親に怒られたトラウマが>_<今回でトラウマを塗り替えてやる!

絶対私好みのB級品もあるはず!!

f:id:sandonigifu:20161125061643j:image

誰もドレスに夢中で見向きもしない手作り感満載の顔出し看板。

f:id:sandonigifu:20161125062006j:image

絶対私が小学生の時からあったであろう、砂糖菓子のお城とヤバイ看板。もう想像どおり!お城はすごく立派ですが美味しそうとか、食べたいとかは一切思いません!砂糖、賞味期限ないけど30年物の可能性が!ヤバイ

 

f:id:sandonigifu:20161125061841j:image

 世界のお菓子の部屋、ウェディングケーキの部屋とお菓子繋がりからのしあわせさがし→ともえのへや。

 

でた!!

 

ともえさんの砂糖で書かれた絵手紙が展示されてました。たぶん18年間ほど。

ともえさんもまさかこんなに長い間展示されるとは思ってなかっただろう。

f:id:sandonigifu:20161125062741j:image

想像どおりのB級をありがとう。

 

コスプレ女子は入場券とドレスあわせて2000円。ドレスは2時間OK。写真も自分のスマホで取り放題!

まだコスプレ物足りない方は、リトルワールド。

世界の民族衣装が着れます!

犬山。やっぱり中々奥が深いな。

 

www.okashino-shiro.jp

 

www.littleworld.jp

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

金山 ボストン美術館。くにくに展

おでかけ

名古屋お出かけ。

金山のボストン美術館国芳、国貞展へ行きました。もうすぐ閉館する美術館。財政難だそうで>_<

名古屋ボストン美術館、閉館を検討 負担100億円超:朝日新聞デジタル

 

名古屋まで出ないとなかなか展覧会ないので閉館は残念。

まあ、仕方ない。私もオープン以来2回目の訪問。

受付の対応も素っ気ないし。

ちょっとお高くとまってる感じがする。

浮世絵だから絵に近づいて見るのだけどすごい近くにガードマンが!(◎_◎;)仕方ないけど監視されてるみたいで、絵に集中できない。

美術館の私語禁止も日本は酷いし。感動してもダメって言われてるみたい。小声で、絵に関することを少しならOKにしてもらえると緊張せずに楽しめると思う。

昔むかし、イギリスの大英博物館へ行ったとき、館内で模写したり、列に並んでみることもなくもっと大らかに絵が見れてびっくりした記憶がある。

 

気をとりなおして、俺たちの国芳、わたしの国貞展へ!

 

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞:概要|展覧会:展覧会一覧|名古屋ボストン美術館

f:id:sandonigifu:20161119160417j:image

江戸後期の浮世絵です!着物の柄がスカル!かつ猫が沢山折り重なってできてる!

ファンキー!

タイトルもすごくて、畏怖大海原がホラーオブウォーター。千両役者揃続絵が、カブキスターコレクション。

タイトルがポップな浮世絵展です。

浮世絵は小さいから他の絵画と違って近づかないと楽しめない>_<あんまり混んでない名古屋はベストかも!

私は豪快な国芳の方が好み^_^

浮世絵ってこまかくて、オシャレで、綺麗で、丁寧で。

日本画は好みじゃないけど、版画とか、浮世絵は好きみたい。

金山駅の金券ショップにチケット売っていて¥1300→¥1000で見れます!

みそのチケット金山 金山駅金券ショップチケットショップ

着物割引もあって、これは受付で当日券購入で¥1300→¥1100に!着物で鑑賞なんて素敵!

f:id:sandonigifu:20161122074501j:image

浮世絵は江戸時代のマンガっぽい。国芳はネコ好きだからネコ多い。

おどってて可愛い!!

f:id:sandonigifu:20161122074536j:image

試着のコーナーが!誰もしてない。着たいけど、1人だし、写真撮ってくれる人いないし>_<

赤い毛皮のスカルの着物着たかった!!!

誰かしてたら、並んで、写真撮ってくださいってお願いしたけど。

2人だったら、受付で試着したいんです!って言ったけど。

珍しく気弱になって無理でした_| ̄|○

12月11日まです。たまには美術館もいいですよ

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

岐阜 鮎菓子たべよー博

岐阜のおでかけ 食べ物

岐阜駅で開催された鮎菓子たべよー博に行って来ました!

 

f:id:sandonigifu:20161124061620j:image

絶対混んでる!と思いながら開始30分前に到着。すでに500円で鮎菓子食べ放題カフェの整理券は締切>_<

物販のみ並んで購入しました!

f:id:sandonigifu:20161124061600j:image

沢山の人です。人混みも並ぶのも苦手な私。限定品の鮎菓子と試食の鮎菓子だけ手にして退散!

f:id:sandonigifu:20161124061823j:image

鮎菓子と洋菓子のコラボ品。

岐阜の有名洋菓子店、プルシックのプリンと鮎菓子のコラボ!

岐阜の小さなお菓子屋さん「Plesic (プルシック)」

下にプリン、鮎菓子の中には普通求肥が入っているのだけどあんこになってました。見た目も可愛いし、美味しかった!

京都といえば八橋、三重は赤福、とかみたいに岐阜といえば鮎菓子!を目指す、鮎菓子たべよー博。

駅で手軽に色々な和菓子屋さんの鮎菓子が1匹単位で買えるようになったら楽しいなあ。

鮎菓子はあんこが入っていないから、和菓子苦手な人でもOKだし、鮎の顔も大きさも違って楽しいから岐阜のお土産といえば鮎菓子!広まるといいな!

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村